本帰国しました。   

ご報告が遅くなってしまいましたが、今年の5月に博士号を取得し、日本に本帰国しました。帰国してから二ヶ月ほど経って、ようやく落ち着いてきた気がします。

これからは、留学期間中に得たものを活かして、積極的にアウトプットを出していきたいと思います。仕事との兼ね合いで、自由に外部に発信するというわけにはいきませんが、頑張っていこうと思います。

今後ともよろしくお願いします。
[PR]

# by sohei719 | 2009-07-25 01:49 | 徒然

A course in game theory が無料でDL可能に   

ついにオズボーン・ルービンシュタインの名著 A course in game theory が無料で入手できるようになったようです。ルービンシュタイン教授は、自著を無料で公開する方針をとっていましたが、この本は長らくその対象外でした。ダウンロードはこちらからできます(登録が必要)。

学部上級~大学院初級レベルのゲーム理論の教科書といえば、ギボンズが有名ですが、これだけでは「知識」「メカニズム・デザイン」「協力ゲーム」などがカバーされません。大学院上級レベルの教科書である Game Theory by Fudenberg and Tirole はちょっと敷居が高い気もします。その点、この A course in game theory by Osborne and Rubinstein は中級レベルの良い橋渡しになるのではないでしょうか。守備範囲的にもレベル的にも、この3冊は相互に補完しあう関係にあるように思います。

個人的にこの本の好きなところは、ゲームの動学をフローチャートのかたちでわかりやすく書いてくれていることですね。理系出身者向きの本かもしれません。第5章「知識と均衡」、第9章「繰り返しゲームにおける複雑性」、第10章「遂行理論」、そして第4部「協力ゲーム」などはオススメです
a0040702_5444057.jpg
A course in game theory by Martin J. Osborne, Ariel Rubinstein (MIT Press, 1994)
[PR]

# by sohei719 | 2009-05-14 05:46 | 経済学

ディフェンス後   

ディフェンスは終わりましたが、まだ博士論文が完成していないので、相変わらずの引きこもり生活が続いています。ディフェンスで色々指摘されたところを直しつつ、体裁を整えていく感じです。

本文と図表のフォントの整合性が取れていないせいで発生している問題の対処などもしなくてはいけません。これは初めから注意しておくべきでした。

同じ失敗をしないように、フォントは統一するようにしましょう。MATLABなどのソフトウェアで図表を作るときは、Texで一般的に使われている
cmr10 (Computer Modern Roman)
cmmi10 (Computer Modern Math Italics)
cmsy10 (Computer Modern Symbol)
cmex10 (Computer Modern Extended Symbols)
cmti10 (Computer Modern Text Italics)
cmbx10 (Computer Modern Bold Extended)
などのフォントを使うようにするのがいいと思います。

(5/10追記)MATLABのグラフをEPS出力すると、フォントが強制的にHelvetica等に変換されてしまうようです。問題は根深い。
[PR]

# by sohei719 | 2009-05-08 18:06 | 徒然

物が捨てられない人   

そろそろ日本への帰国日が近づいてきたので、身の回りの整理を始めました。物を捨てるのが苦手な性分なので、苦労します。PDFファイルを持っている論文の印刷物については、積極的に捨てていこうとしているのですが、書き込みがしてあることも多く悩ましいところです。

大量の本も悩みの種。こちらに来てから毎年少なくとも10万円以上は書籍に費やしているので、分量的にもシャレになりません。もう読まないであろう本があるなら峻別して処分すべきなんでしょうが、なかなか踏み切れません。
[PR]

# by sohei719 | 2009-05-05 16:34 | 徒然

危機に際してのメディア報道   

ついに我がロードアイランド州でも、新型インフルエンザ患者が確認された。さらに、プロヴィデンスのダウンタウンにあるジョンソン&ウェールズ大学でも複数の「疑い例」が見つかったとのこと。ただ、感染・発症初期に適切な投薬(タミフル・リレンザ)を行えば、ほぼ問題が無いことも明らかになってきているのは心強い。

今回の一連の報道をみていて、アメリカのメディアの冷静な対応にとても感心した。特にCNNの名物キャスターであるサンジェイ・グプタ医師が、騒動のかなり早い段階でメキシコシティに入って、現地の正確な情勢を伝えようとしていたのが印象的だった。

一方で、日本の一部メディアが、国内の「疑い例」発生を報道する際に「水際阻止失敗」などという無駄に不安を煽る題名をつけていたのが非常に残念だ。メディアの使命は「事実」を報道することであって、無駄な憶測を交えることではない。

今回の騒動の渦中に、TwitterやブログなどのWebサービスをみていたのだが、正直なところ、不安を煽るものが多かった。ネットばかり見ていると、まるで世界が終わりを迎えるのではないかと錯覚を覚えてしまったくらいだ。ネットには、そうした負の感情をポジティブにフィードバックしてしまうメカニズムがあるのかもしれない。

「事実」を報道する機関としてのメディアの価値は、こうした状況下で最大化されるのではないか。自称メキシコ在住医師のブログ書き込みよりも、CNNの映像つき報道の方がよっぽど信頼できる。ネットの利便性が向上しても、「事実」を報道する機関としてのメディアの需要は確実に残るだろう。

同時に、事実を適切に報道できないメディアはいらない、ということでもある。メディア産業に従事する人間には、社会の安定に関わる重要な機関である、という自覚をもって仕事に臨んでもらいたい。これは対象がインフルエンザでも金融問題でも同じことだ。

我々が恐れるべき唯一のものは恐れそのものだ。Only Thing We Have to Fear Is Fear Itself. (フランクリン・デラノ・ルーズベルト)
ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、正当にこわがることはなかなかむつかしい。(寺田 寅彦)

[PR]

# by sohei719 | 2009-05-04 13:11 | 徒然

博士論文の最終関門ーディフェンスーを突破   

ディフェンス(口答試験)が無事終了しました。これは論文委員と呼ばれる教授陣による試験で、博士号を取得するための最終関門となります。ブラウン大学の場合、他の多くの大学と同じように、最低3名の教授が委員を務めます。私の場合ホーウィット、セラーノ、ソフォクレスの3教授でした。マクロ理論家ホーウィットとミクロ理論家セラーノの組み合わせは珍しいのですが、博士論文の内容からこのメンバーになりました。

さて、このディフェンス、昔は本当に「難関」であったようですが、現在は儀式的な意味合いが強くなっています。実際、ディフェンスで不合格になったという話はあまり聞きません(ボストンの某大学で「Do one more year」と言われて不合格になった人がいるそうですが・・・)。「アメリカ大学院留学」という本には、次のような恐ろしい記述があります。こんな時代もあったんですね。
論文に対するディフェンスがはじめて実施されたのは、数百年前のヨーロッパである。当時のディフェンスは、血で血を洗う闘いといってもいいものであった。防御側(学生)は、敵に囲まれ、たったひとり大講堂へ乗り込む。学生の武器は自分の頭脳と分厚い論文だけである。大講堂には、なんとかしてこの学生の無能ぶりを証明してやろうと意気込む学者たちが待ち構えている。学生は講堂を埋めつくした学者を相手に討論を交わし、自分の論文を「防御」しなければならない。自分の立場を守り、当時「dispution(討議)」と呼ばれていたスキルを巧みに使って次々と挑みかかってくる敵たちをなぎ倒した者が、博士号の栄冠を勝ちとったというわけだ。(「アメリカ大学院留学」ロバート・L・ピーターズ著、木村玉己訳)
ディフェンス当日の様子
ディフェンス開始時刻よりも一時間半ほど早めに経済学部に行き、映写装置(プロジェクター)を借りました(ディフェンス会場のBlistein101には備え付けられていないため)。そして、自分のノートパソコンにつないで、早速スライドをチェックしようとすると、いきなり問題発生。プロジェクターの出力が明らかに異常で、が出力されません。色々設定を変えてみても直らず。「まだあわてるような時間じゃない」と言い聞かせつつ調べていると、ケーブルが断線していることに気づきました。事務で代替ケーブルを借りて無事解決。その後、教授が来て「先日、Sのディフェンスでプロジェクターがうまく機能したなかったんだけど、今日は大丈夫だね。」と言われたので、ケーブル断線のことを話すと「素晴らしい。君はSがPassできなかったディフェンスの最初の関門をクリアしたよ」と言われました。何事も時間的に余裕をもっておくべきということですね。

ディフェンス自体は、博士論文を構成する3つの章それぞれを10~15分程度で説明しつつ、教授陣の質問に答えていくという感じで進みました。最終的に1時間(説明30分、質疑応答30分)程度と綺麗におさまって良かったです。思ったより質問が多かったのですが、あまり詰まることなく答えられたのは、きっと入念な事前準備のおかげでしょう。質問も攻め立てるような感じではなく、論文をどのように発展させるべきか、といった建設的なものが多かったような気がします。

yyasudaさんのときのように、プレゼン終了後に部屋の外に出されることはありませんでした。これは去年の先輩のときと同じですね。Chairである指導教官が、その場で残りの二人に確認をして「おめでとう。君はディフェンスをクリアした。」と宣言しました。これでディフェンスは終了です。その後、先生方に握手と「Congratulations!」の言葉を頂きました。論文の最終稿提出などまだやらなければいけないことはあるのですが、慣例的には、この時点で「博士(Ph.D.)」を名乗れるようです。

これで終わりだと思っていたら、実はまだイベントが残っていました。学部Staffがシャンパンとグラスを持って来てくれて、その場で乾杯するという嬉しいサプライズです。個人的に知らなかっただけで、秘密のイベントというわけではないのですが、予想外だっただけに喜びもひとしおでした。このシャンパンのコルクは大切にとっておきます。他大学でも、こうしたイベントはあるんでしょうか。

最後になりましたが、ここまで来ることができたのは、ひとえに妻の助けのおかげです。博士論文の謝辞に載せた文章を引用しておきたいと思います。
Greatest thanks of all go to my wife. She supported me in every possible way and helped me keep my life in proper perspective and balance. This dissertation is dedicated to her with my deepest love, respect, and gratitude.

[PR]

# by sohei719 | 2009-05-02 20:09 | 経済学

カールズバッド洞窟群国立公園   

世界遺産に認定されているニューメキシコ州の国立公園。カールズバッド洞窟をはじめとする多数の洞窟群から構成されている。交通の便が悪く、エルパソからレンタカーで3~4時間はかかる。ホワイトサンズ国定公園などとセットで周るのがよいだろう。ネタ的名所として有名なロズウェルも比較的近くにある。

洞窟中心部の地下230mまで直通エレベーターが通っていて、帰りはこのエレベーターで一気に地上に戻ることができる。このエレベーターのおかげで、とても「やさしい」国立公園になっていると言えよう。洞窟中心部は巨大な地下空間になっていて度肝を抜かれる。昔、山口県の秋芳洞に行ったことがあるのだが、そことは比較にならないほど大きい。レンジャーツアーに参加しないと見られない場所がたくさんあるのだが、予約がすぐに一杯になってしまうようなので、インターネットで事前予約しておくことをお勧めする。

個人的にはスローターキャニオンケイブのツアーが面白かった。これは懐中電灯の光だけで、真っ暗な洞窟のなかを進んでいく1時間30分ほどの探検コースで、有名な「巨神兵(下写真参照)」や万里の長城、クリスマスツリーといったユニークな洞窟内生成物に出会える。このスローターキャニオン洞窟は、メインのカールズバッド洞窟から結構離れた場所にあって、ツアー開始場所に行くまで体力的に一苦労なのだが、非常にお勧めのツアーである。

公園自体はそこまで広いわけでもないので、一泊~二泊で十分楽しめる。
a0040702_8351546.jpg
(上)洞窟のメインエントランス。
a0040702_8352653.jpg
(上)地下230mにあるショップ。
a0040702_8354464.jpg
(上)ビッグ・ルームと呼ばれる巨大空間の一部。
a0040702_8355162.jpg
(上)スローターキャニオンの巨神兵
a0040702_835571.jpg
(上)トワイライトゾーン(外の光がかろうじて入る場所)
[PR]

# by sohei719 | 2009-04-13 09:23 |

散髪   

3か月振りに、妻に散髪してもらいました。すっきり。ここのところ、自室に籠って論文書きの毎日です。昔、ブラウン大学に留学した先輩が手にペンをくくりつけて博士論文を書き続けたという話を思い出します。こんな不健康な生活を続けていると、帰国後の健康診断が心配だ・・・。
a0040702_1702044.jpg

[PR]

# by sohei719 | 2009-03-30 17:07 | 徒然

ヨセミテ国立公園   

世界遺産に認定されているカリフォルニア州の国立公園。サンフランシスコから車・バスで4~5時間ほどの距離にある。非常に整備されており、無料のシャトルバスの使い勝手がよい。我々は渓谷内のヨセミテ・ロッジに宿泊したが、キャンプをするのも楽しそうだ。見所が比較的狭い場所に集中しているので、自転車をレンタルして周るのもよい。ただし、マリポサ・グローブといった渓谷外の見所へは、車かツアーへの参加が必要。

イエローストーンやブライスキャニオンのような意外さはないが、雄大な自然という面で正統派の国立公園という気がする。初級~上級まで多くのトレイル・ハイキングコースが用意されていて、体力に応じて楽しめるようになっている。子供連れには特によい場所なのではないか。

ヨセミテ公園を訪れる際は、なんとしてもヨセミテ渓谷内に宿泊地を確保することを勧めたい。直接予約することができなくても、サンフランシスコ発のツアーであればいい空室が残っていることもあるようだ。3泊ほどすれば十分堪能できるだろう。
a0040702_827303.jpg
(上)グレイシャー・ポイントから見渡すヨセミテ渓谷
a0040702_8283310.jpg
(上)ヨセミテの象徴ハーフドーム
a0040702_8292224.jpg
(上)マリポサ・グローブのジャイアント・セコイア
[PR]

# by sohei719 | 2009-03-28 09:05 |

Vaio Type FのHDDを64GB SSDへ換装   

a0040702_15162968.jpg先日、我が家のセカンドPCであるVaio Type F(VGN-FS50B)のHDD(ハードディスクドライブ)が壊れた。2005年3月に購入して以来、まるまる4年間フル稼働であったので、いい加減寿命がきたのだろう。

当然メーカー保証もきれているので、ここのところ驚くほど安くなったSSD(ソリッドステートドライブ)をHDDの代わりに載せてみた。購入したのはTranscend社のTS64GSSD25-M。64GBのSSDで150ドルあまり。日本でも15000円前後で購入できるようだ。このSSDは外見もHDDと変わらず、PCからもHDDとして認識される。実際、取り付け後は通常のOS再インストールと何も変わらない。

結果は大成功。OS・アプリケーションの立ち上がりがとても速くなった。ハッキリ言ってメインマシンとして使っているVaio Type CR(2007年9月購入)よりもずっと高速で快適な環境になった。やはりHDDが律速になっているのだろう。Microsoft WordやExcelが瞬時に立ち上がるのに感動した。これはオススメ。

SSDの利用にあたっては、OSの設定をいくつか変えた方がよいということで、このサイトを参考にした。ただし、このなかでシステムキャッシュモードの変更だけは行わない方がよいようだ(上のサイトの最初の方にあるLargeSystemcacheは0のままにしておく)。この設定を変更すると「記憶域が足りません」といった意味不明なエラーが発生したり、iTunesが正常起動できなくなったりするようなので注意。
[PR]

# by sohei719 | 2009-03-23 15:19 | Tech